血便・下血

Bloody stool

血便・下血

Bloody stool

このような症状で
お困りではないですか?

便の中に血液が混じっている
お尻から血が出ている
トイレットペーパーで拭いたときに血がつく
排便の際に肛門が痛む
便秘や下痢を繰り返す
みぞおちが痛い
腹部膨満感がある

こういった症状をお持ちの方は、重篤な疾患に罹患している可能性があります。
特に便に血が混じっている・お尻から血が出るなどの症状を放置してしまうことは大変危険です。
取り返しのつかない状態になってしまった…ということにならないためにも、ご自身で判断せず早急に医療機関を受診するようにしましょう。

血便・下血の場合は
医療機関を受診しましょう

血便・下血は重篤な疾患にかかっている可能性が考えられますので、症状が出た場合には早急に医療機関を受診し医師の意見を仰ぎましょう。
受診の際には「どのくらいの出血量か」「どのような血の色か」を医師に伝えるようにしてください。
血便が出ているということは、消化管のいずれかの箇所で出血が起こっている状況にあるので、早急に大腸カメラ検査を行い、出血箇所や原因を特定する必要があります。

血便・下血の種類

血便・下血の際には「血の色」を確認することで、ある程度の出血箇所が特定できます。
基本的には大腸カメラ検査を行うことがほとんどですが、血の色によっては胃カメラ検査を行う可能性もあります。
出血箇所が肛門から遠ければ遠いほど(胃は遠い、腸は近い)、血液の酸化時間が長くなり、より黒味を帯びた血便が排便されます。
このような情報から出血場所が推定できるので、どの部分が痛いか、どのような色なのかを医師に伝えられる準備をしましょう。
ご自身での判断が難しい場合は、スマートフォン等で写真を撮り医師にお見せください。

黒色便

胃や十二指腸からの出血で、イカ墨のように真っ黒で「タール便」とも呼ばれる便です。

考えられる疾患:食道がん胃潰瘍、十二指腸潰瘍、食道がん

暗赤血便

小腸や大腸からの出血で、消化液と混ざりあうことで赤黒い色の便が出ます。

考えられる疾患:大腸炎、大腸憩室出血、メッケル憩室出血、小腸潰瘍

粘血便

イチゴジャムのような赤色の便が出ます。
粘液と血液が混ざりあっているのが特徴です。

考えられる疾患:炎症性腸疾患、アメーバ陽炎

鮮血便

肛門の近くで出血している可能性が高く、鮮やかな赤い血です。
肛門からの出血は「痔」である場合が多いです。

考えられる疾患:直腸がん、痔、直腸ポリープ

当院の大腸カメラ検査

出血場所の推定ができた後はすぐに内視鏡検査を行います。
基本的には大腸カメラ検査を行うことが多いです。
当院は内視鏡専門の医療機関として、良質な内視鏡検査を患者様に提供できるような工夫をしております。
特に苦痛を懸念される方が多いですが、鎮静剤を使用した大腸カメラ検査を行っており、眠っている間に苦痛を感じることもなく検査が終わますのでご安心ください。
大腸カメラ検査を受けることを検討されている方は、下記の詳細をご覧下さい。

当院の消化器専門外来へ
お越しください

血便・下血でお悩みの方は、当院の消化器専門外来へお越しください。
血便・下血は重篤な疾患に罹患しているかもしれません。
異変を感じた際には、ご自身で判断せずに、まずは医療機関を受診しましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。

こくぶ内科・胃腸科クリニック

〒862-0948
熊本県熊本市中央区国府本町8番5号

FAX 096-375-7102