大腸カメラ

このような方は
大腸カメラ検査を
受けましょう

大腸カメラ検査とは

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)とは、カメラのついたスコープを肛門から挿入して腸内を直接観察する検査のことを言います。
直接腸内を観察することができるため、大腸がんやポリープなどの異常を発見することが可能です。
大腸カメラ検査を実施することで、がん細胞やがんのもととなるポリープの発見につながり、早期発見が期待できます。
がんは”早期発見”により、完治可能な疾患です。
発見が遅かったために手遅れになってしまった…ということにならないためにも、40歳を過ぎたら、ぜひ大腸カメラ検査を受けましょう。
ご親族のなかでがんにかかった方がいる場合は、特に注意が必要です。
まずは当院へお越しください。

当院の大腸カメラ検査の
特徴

当院の大腸カメラ検査についてご紹介いたします。
当院では、患者様に安心安全に、リラックスして検査を受けていただけるよう、様々な工夫を行っております。

鎮静剤を活用した
苦しくない検査

当院では鎮静剤を活用した検査を行っております。
鎮静剤を活用することで、「ほとんど眠った状態」での検査が可能です。
「痛そう…」「怖い…」といった恐怖心を軽減して検査を受けることができます。
初めて大腸カメラ検査を受けられる患者様もどうぞご安心ください。
鎮静剤の使用については、医師またはスタッフにお気軽にご相談ください。
丁寧にご説明いたします。

豊富な下剤の種類・院内下剤にも対応

大腸内視鏡検査は「検査前の下剤(腸管洗浄剤)の服用が辛い」とよくお聞きします。
そこで当院では、患者様の年齢、体格、便秘の有無、既往症などを考慮し、患者様に合わせた下剤の種類を取り揃えております。
また、検査前の前処置に不安のある方は、院内で下剤を飲むことも可能ですので、お気軽にご相談ください。

土曜日検査が可能

当院では土曜日も検査対応を行っております。
お仕事や育児などで忙しく、平日はクリニックの受診が難しい患者様に対しても、検査の受けやすい環境を整えております。

経験豊富な医師による
検査

消化器を専門領域とする医師が内視鏡検査を行います。
その豊富な実績と経験により、安心・安全な検査を提供いたします。
内視鏡検査を初めて受ける患者様もどうぞご安心ください。
不安な点・ご質問等は医師またはスタッフまでお気軽にお尋ねください。

最新の内視鏡検査設備を
導入

当院の内視鏡設備には高精度のハイビジョン画像を搭載しております。
2種類の特殊な光を照射することで、100倍拡大が可能になります。
「NBI」という最新の内視鏡システムを使用します。
この高画質な機能により、がん細胞や微小な病変の見逃しを防止し、早期発見の実現が可能になります。

日帰りポリープ切除可能

検査中に切除すべきポリープが発見された場合には、検査当日に切除することができます。
検査と切除が同日で済むため、下剤服用などの検査準備や来院回数を減らすことが可能です。
とくにお仕事で忙しいビジネスパーソンや子育て世代にとって、検査準備や検査当日の負担を軽減できる点は多くの患者様から定評をいただいております。
なおポリープの大きさや状態、患者様の症状によっては、医師の判断により入院対応可能な病院を紹介する可能性がありますので、予めご了承くださいませ。

モーニング大腸カメラ
検査実施中

当院では仕事や育児で忙しい方のために午前中の早い時間帯で大腸カメラ検査を実施できる「モーニング大腸カメラ」を実施しております。 大腸カメラ検査は一般的にお昼の時間帯でやるため1日が潰れてしまうことが多いですが、当院では午前中に検査からお会計まで完結するため、非常に利便性が高いです。

鎮静剤を活用した
大腸カメラ検査

鎮静剤とは

当院では大腸カメラ検査を行うにあたり、鎮静剤を活用して行います。
鎮静剤を使用することで、検査の際の痛みや苦しさを極力抑えることができます。
患者様に対して、少しでも快適に検査を受けてもらえるように使用を推奨しております。

鎮静剤を活用するメリット

「ウトウトと眠っているうちに検査が終了していた」
「痛みなく検査を受けられた」
「痛そう…怖い…という思いがあったが問題なく受けられた」

鎮静剤を使用する際の
注意点

鎮静剤を活用した際は次の注意点があります。
検査を受ける前に予めご確認いただき、予めご了承ください。

  • 鎮静剤を使用した後は目が覚めるまで、院内でゆっくりお休みいただく必要がございますので、院内での滞在時間が長くなります。
  • 鎮静剤を使用される場合、当日のお車・自転車運転は不可です。付き添いの方に運転をお願いするようにしてください。

鎮静剤に関するご不明点等は、医師やスタッフまでお気軽にお問い合わせください!

日帰りポリープ切除

大腸ポリープとは?

大腸ポリープとは、腸内粘膜にできる腫瘍のことで、がん化のリスクがあると言われております。つまり大腸がんの原因となり得るポリープを切除することで、がん化、重症化を防ぐことができるということです。 大腸カメラ検査を行ううえで、医師が切除必要だと判断した病変はポリープ切除手術を行わせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
大腸がんは早期発見・早期治療により、重症化を防ぐことができますので、定期的な大腸カメラ検査を受けるようにしましょう。

切除方法

ポリープは、その大きさや状態に応じた切除を行います。
主な切除方法は次の通りです。

ポリペクトミー

一般的なポリープ切除手法です。スネアというワイヤー状の器具をポリープに引っ掛けて切除します。スネアから高周波電流を流すことで、ポリープを焼き切ります。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)
内視鏡的粘膜切除術(EMR)
内視鏡的粘膜切除術(EMR)

コールドポリペクトミー

ポリペクトミーと同様に、スネアを用いて切除をします。「コールド」という名称からもわかるように、この手法では、高周波電流を流さずにポリープを締め付けることで切除いたします。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

隆起しておらず平坦な形のポリープ切除の際に用いる手法です。ポリープの下に生理食塩水などを注入することで、ポリープを持ち上げ、スネアで焼き切ります。

ポリペクトミー
ポリペクトミー
ポリペクトミー
ポリペクトミー

切除後の注意点

ポリープを切除した際には次のことに気を付けてください。
大腸ポリープ切除は「手術」に含まれます。出血リスクを抑えるために、切除の際はぜひ以下のことに注意してお過ごしください。

  • 手術当日は入浴はせず、シャワーのみ可です。
  • 刺激の強い食べ物や脂っこいものは控えるようにしてください。
  • 術後1週間はアルコール禁止です。
  • 腹圧のかかる運動はおよそ1週間程度避けるようにしましょう。力仕事なども極力控えることが重要です。
  • 術後1週間は旅行や出張はお避けください。

鎮静剤に関するご不明点等は、医師やスタッフまでお気軽にお問い合わせください!

モーニング大腸カメラ検査

モーニング大腸カメラ
検査とは?

大腸カメラ検査は、通常お昼の時間帯に実施することがほとんどで準備も含めると、一日拘束される検査である場合が多いです。仕事や育児で忙しい方々にとって、一日拘束される大腸カメラ検査は、時間的ハードルが高いと感じ、なかなか検査に踏み切れないのも事実です。そこで当院では、忙しい方々にも検査を受けていただけるよう「モーニング大腸カメラ」を導入いたしました。

モーニング大腸カメラ
検査はこのような方々に
ぴったり

  • 仕事が忙しく一日仕事を休むのが難しい方
  • 育児が忙しくクリニックの滞在時間を最大限に抑えたい方
  • 一日を有効活用したい方

上記に当てはまる方々は当院のモーニング大腸カメラがお勧めです。ぜひご興味のある方はスタッフまでお問い合わせください。

諸注意

  • 大腸カメラ検査を受ける際には、事前診察が必要ですのでまずは一度当院を受診してください。
  • モーニング大腸カメラ検査の際の下剤服用はご自宅のみとなります。
  • 院内下剤の服用はできません。

大腸カメラ検査の流れ


1ご予約

お電話などでご予約をお取りください。
※大腸カメラ検査を受けられる方は事前受診が必要となりますので予めご注意ください。

事前受診はご予約をしていただくと当日の診療がスムーズになります。
抗血栓薬を内服されている方は事前にお知らせください。
検査を受けられる方は、医師・スタッフが検査に関する説明をいたします。
なおクリニック内での下剤服用を希望される方は、医師またはスタッフまでお申し付けください。

2検査前日

検査前日は、夜9時までに夕飯を済ませ、その後の食事はお控えください。
お水やお茶の摂取は可能です。

3検査当日

検査当日は朝食をとらずに絶食でクリニックにお越しください。
お水やお茶の摂取は可能です。
血圧を下げる薬や心臓病の薬、抗凝固剤を内服している方は起床時に内服するようにしてください。
また検査4時間前から下剤を飲み、便の色が無色透明になるまで下剤を服用します。
適切に腸内洗浄が出来ていないと検査を実施出来ない場合もございますので、ご注意ください。

4ご来院

予約時間の少し前にクリニックにご来院いただきます。
検査時に鎮静剤をご希望の方は、お車・自転車でのご来院はお控えいただきますよう、予めご了承ください。

5診察

検査前に医師が診察を行います。
当日の体調などによっては、大腸カメラ検査ではなく別のご提案をさせていただくことがございますので予めご了承ください。

6検査準備

受付・診察が済みましたら、更衣室にて検査着に着替えていただきます。
準備が出来ましたら、検査室に移動します。

7検査

鎮静剤を使用する場合は、このタイミングで投与いたします。
徐々に眠くなってきたら、鎮静剤が効いている状態になります。
ほとんど眠った状態になるので、苦痛を伴うことなく検査を行うことができます。

8結果説明

検査終了後、鎮静剤からスッキリと目覚めるまで、ベッドにてゆっくりお休みいただきます。
鎮静剤覚醒後、医師が検査結果の説明を行います。
検査時に生検を行った場合は、後日病理結果の説明をさせていただきますので、再度当院へお越しいただきます。
結果説明の際のご不明点については、医師やスタッフにお気軽にお尋ねください。

9会計結果

説明まで済みましたら、本日の検査は全て終了です。
お会計を済ませご帰宅いただけます。
鎮静剤を活用された方は、お車・自転車でのご帰宅はご遠慮いただいております。
付き添いの方に運転をしていただくようお願い申し上げます。

大腸カメラ検査の費用

大腸カメラ検査の費用は下記の通りです。
下記の費用は参考金額です。
診療内容に応じて費用の変動がございますので、ご了承ください。

検査 1割負担 2割負担 3割負担
大腸カメラ検査のみ 約2,500円 約5,000円 約7,500円
大腸カメラ検査+ 病理組織検査 約4,000円 約7,000円 約11,000円
大腸ポリープ切除 約8,000円 約16,000円 約24,000円

※病理組織検査とポリープ切除は臓器数により金額が変動します。

検査予約はこちら

当院の大腸カメラ検査はこちらから

著者

こくぶ内科・胃腸内科 
院長 田中 朋史

院長略歴

  • 1993年 久留米大学 医学部卒業
  • 1993年 熊本大学医学部附属病院 第一内科 入局
  • 1995年 熊本市民病院 消化器内科
  • 1997年 荒尾市民病院 消化器内科
  • 2001年 服部胃腸科
  • 2009年 北海道 静内病院
    (現 日高徳洲会病院) 漢方内科研修
  • 2010年 城北胃腸科内科クリニック 副院長

資格・所属

  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 東洋医学会

医院紹介CLINIC

医院名 こくぶ内科・胃腸内科
TEL 096-375-7100
FAX 096-375-7102
住所 〒862-0948
熊本県熊本市中央区国府本町8番5号
アクセス 新水前寺駅出口から徒歩約12分
診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

午前受付時間:8:45~12:30
午後受付時間:14:00~17:30
休診日:日曜・祝日

TOPへ