過敏性腸症候群(IBS)

Irritable bowel syndrome

過敏性腸症候群(IBS)

Irritable bowel syndrome

このような症状でお困りの方は
過敏性腸症候群かもしれません

便秘や下痢を繰り返している
突発的な腹痛で苦しい
上記の腹痛は排便により緩和する
ストレスがかかることでお腹の不調を引き起こしている
外出するのが困難なほどの下痢で困っている
突然お腹の調子が悪くなり、職場や学校などで頻繫にトイレに行く
腹部の不快感に悩まされている
おならが我慢出来ずに出てしまう
残便感がある

上記のような症状の場合、過敏性腸症候群の可能性が考えられます。
「IBS」とも言われる疾患です。
少しでも違和感を感じた際には医療機関を受診しましょう。
過敏性腸症候群を放置することで、症状を悪化させたり、他の疾患を併発させる可能性もあります。
まずはご相談ください。

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群(IBS)とは、何らかの原因により腸が機能障害を引き起こすことで発症する消化器疾患のひとつです。
主な症状としては、突発的な腹痛やお腹の不調を引き起こしたり、便秘や下痢を繰り返すなどがあります。
過敏性腸症候群は、比較的20〜40歳代の若年層の女性に多く見られ、「下痢型」、「便秘型」、便秘と下痢を繰り返す「混合型」、分類の難しい「分類不能型」に分類することができます。
また炎症や腫瘍などの器質的な異常が見られないにもかかわらず、先述した症状を引き起こすといった特徴があります。
IBSの原因は不明ですが、一般的にはストレスや精神的な要素が影響して発症・悪化されると言われております。
過敏性腸症候群は、10~40代などの若年層に多いと言われておりますが、現代のようなストレス社会において、誰にでも発症する可能性のある疾患です。
10人のうち1人はIBSとも言われており、罹患するのが珍しくない疾患となってきております。 

過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群の発症の原因ははっきりと分かっておりませんが、主に「ストレス」や「精神的な要素」が影響していると言われております。
ストレスを受けることで、脳からの信号が腸に伝わり、腸内運動や便通に影響を及ぼすのです。

治療方法

過敏性腸症候群の治療方法は次の通りです。

食事療法

正しい時間に3食食べる、バランスのとれた食生活を送るなど、食生活を改善することで症状の緩和を目指していきます。
暴飲暴食や過度な飲酒・タバコは避けましょう。
便秘型・下痢型・混合型などのそれぞれの症状に応じた食事療法をご提案いたします。

運動療法

過敏性腸症候群はストレスを軽減することで、症状の緩和が期待できます。
適度な運動はストレス発散に有効的です。
患者様にあった運動療法を医師と一緒に考えていきましょう。

薬物療法

医師の診断により処方された内服薬を服用することで症状の緩和を目指していく治療法です。
腸内環境を整える整腸剤や下痢便の水分調節をして硬めていく治療、消化管運動機能改善薬等を用いていきます。
また、薬物療法とあわせて、生活習慣の改善も行いながら治療を進めていきます。
過敏性腸症候群は、日頃の生活習慣に大きく影響を受ける疾患です。
逆に言えば毎日の生活習慣を意識することで症状の緩和が十分に期待ができます。
生活習慣を改善することは簡単なことではございませんので、ご自身で抱え込まず、ぜひ医師にご相談ください。
環境因子(家庭、職場、学校など)が原因で症状が引き起こされている場合は、内科的アプローチと並行して心療内科とタイアップするなど患者様にあった最適な治療方法を一緒に探していきましょう。

検査方法

過敏性腸症候群は、上述した通り器質的な異常がない疾患になりますが、確定診断のために大腸カメラ検査を行うことを推奨しています。
大腸カメラ検査を行うことで、過敏性腸症候群であるかどうかを判断することができます。
当院は内視鏡専門医による苦しくない内視鏡検査が可能です。詳しくは下記をご覧下さい。

過敏性腸症候群の方は
当院の消化器線外来へ
お越しください

当院では過敏性腸症候群(IBS)でお困りの方に消化器専門外来を実施しております。
どんな些細なことでも構いません。
まずは当院を受診しましょう。
当院の消化器専門医が適切な治療方法をご提案いたします。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

こくぶ内科・胃腸科クリニック

〒862-0948
熊本県熊本市中央区国府本町8番5号

FAX 096-375-7102